歯科で口内トラブル解消【マウスがキレイでうっきうき】

定期チャックは大切

Dentistry

歯科で定期的にチャックを行なうことで、口内トラブルの発生を防ぐことにつながります。口内トラブルは発生した後に治療することで時間がかかるものも多いので、予防で防げるものは防ぎましょう。

Read More

痛みを感じたら

Dentistry

歯に痛みを感じたなら、すぐにでも歯科に行きましょう。そのまま放置しておいても良いことはありませんので、早期治療を心がけましょう。良い歯科を選ぶことで安全で確実な治療をすることができます。

Read More

歯科を見極める

Dentistry

歯科は数が多いので、自分の目でしっかりと確認する必要があります。歯科選びにはいろいろな条件があると思いますが、安心して通える歯科が一番です。自分とマッチする歯科を見つけましょう。

Read More

幅広い年齢層

Dentistry

歯科や虫歯治療の歴史

歯科はかなり古くからあり、日本でも西暦700年頃から口腔内の治療をおこなう医師がいたと言われています。虫歯治療自体は、もっと古くからおこなわれています。マンドレイクやヒヨスなどの鎮痛作用のある植物を、薬として塗って痛みを和らげるといった治療は、紀元前からおこなわれていました。また、状態の悪くなった歯を糸で縛って引っ張ったり、ペンチを使用して抜くという抜歯による治療もおこなわれていました。現在の歯科でもやはり、薬で痛みを和らげたり抜歯をしたりという治療がおこなわれています。もちろん医療技術は進歩しているので、効果はかつてと比べて圧倒的に高くなっています。麻酔により無痛で治療できたり、クラウンやインプラントで元の歯と同じくらい使いやすく美しい歯にすることができているのです。

高齢者や乳幼児からの需要

口腔内の状態は、年をとるにつれて悪化していきます。歯の表面はエナメル質で覆われているのですが、これは食事や歯磨きや歯ぎしりなどによる摩擦で、どんどん薄くなっていきます。これによって歯は小さくもろくなっていくのです。すると、隙間に食べ物が詰まることで虫歯になりやすくなったり、ぐらついたり抜けたりするようになります。そのため高齢化が進んでいる昨今では、歯科には多くの高齢者が通院するようになっています。また、高齢になっても丈夫な歯を維持するためには、乳幼児からの歯のケアが大事です。そのケアのために、乳幼児を歯科につれてくる保護者も増えています。こういった理由で、歯科には今後も多くの人が通院すると考えられています。